研修・学会 平成29年度教育計画

HOME > 看護職の方へ > 研修について > 平成29年度教育計画 > 平成29年度 教育目的と枠組み

平成29年度 教育目的と枠組み

教育計画の基本方針

看護職の生涯教育を支える制度として、

  • 新人から管理者まで様々なキャリア段階にある人の教育ニーズに応える。
  • 訪問看護や保健施設、診療所から総合病院まで様々な場で看護に従事する人の教育ニーズに応える。
  • 県内で従事する看護職間の相互交流・相互啓発の場とする。

会員のみならず、非会員・他職種の人々にも開かれた研修とする。

教育目的

専門職業人としての資質の向上を図り、人権尊重を基盤とした看護サービスの質を維持・向上させていく力、地域社会のニーズに幅広く対応できる力を養う。

研修の枠組みと目標

枠組み目標
実践:基盤 実践の場の特徴を問わず、看護専門職者として必要な能力を獲得するための基盤づくりを目指す。
実践:専門別 看護専門職者として、各々の専門領域において質の高い看護を実践するための能力の獲得を目指す。
管理 看護を効率的・効果的に実践するための人的・物的・経済的な環境を整える能力の獲得を目指す。
教育 看護専門職者として、新人や後輩を育成するだけでなく、自らの職業的発達を促す能力の獲得を目指す。
研究 看護専門職者として、根拠のある看護を実践するための理論的根拠を明らかにする能力の獲得を目指す。
共通 経験年数や学習段階を問わず、看護専門職者として必要な能力の獲得や職業人としての発達を目指す。

看護実践能力に応じた学習段階

(日本看護協会:継続教育の基準に準じて作成)

学習段階看護実践能力
1. 指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる。
2. 指導を受けることにより、自己の学習課題をみつけることができる。
1. 看護実践の場面において単独で看護を提供できる。
2. チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる。
3. 自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる。
1. 高度な看護活動を実践でき、かつ他者にモデルを示すことができる。
2. 自己の学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる。
1. 論理的かつ実践的知識を統合して卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる。
2. 自己の学習活動はもとより、組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる。

※各病院のラダー目標に合わせて、「学習段階」との適合度を検討して選択する。
※「学習段階」はあくまでも研修を選択する際の目安であり、受講を制限するものではありません。

各枠組みにおける研修内容

枠組み研修内容
実践基盤 看護専門職としての実践能力を獲得するための基盤づくり研修 ・新規就職者研修Ⅰ・Ⅱ
・コミュニケーションと対人関係
・看護過程と看護記録
・フィジカルアセスメント・医療安全・感染管理・臨床倫理
実践専門別 看護専門職としての実践能力を高めていくための専門領域別研修 ・急性期看護
・回復期看護
・慢性期看護
・がん・終末期看護
・母性・小児・家族看護
・精神・在宅・地域看護
・その他、専門共通
管理 看護を円滑にすすめるため、人的・物的・経済的な環境を整える力を養う看護管理研修 ・看護管理の基本概要
(リーダーシップ)
・看護情報管理 
・看護マネジメント論
・人的資源活用論 
・看護組織論
・看護の質評価 など
教育 看護専門職として発達を支援するための看護教育研修 ・スタッフ教育(学生・新人等)
・キャリア形成
・研究企画・評価
研究 看護専門職として根拠のある看護を実践するための看護研究研修 ・看護研究(基礎編)
・看護研究指導
共通 看護専門職として経験年数や学習段階を問わず共通的に必要な研修 ・メンタルヘルス(看護職)
・トピックス
・接遇 など
研修会参加申込書ダウンロード
公益社団法人 愛媛県看護協会公益社団法人 愛媛県看護協会〒790-0843 愛媛県松山市道後町2-11-14 TEL:089-923-1287 FAX:089-926-7825