研修・学会 平成30年度教育計画

HOME > 看護職の方へ > 研修について > 平成30年度教育計画 > 平成30年度 認定看護管理者教育課程ファーストレベル

平成30年度 認定看護管理者教育課程ファーストレベル

1. 教育理念

本教育プログラムは、広い視野で看護ニーズを捉え、環境の変化に柔軟に対応した看護サービスを提供できる管理能力を備え、組織の目標を達成できる管理者を育成することを目的とする。

2.教育目的

  1. 看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する。
  2. 看護を提供するための組織化並びにその運営の責任の一端を担うために必要な知識・技術・態度を習得する。
  3. 組織的看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析する能力を高める。

3.主催

公益社団法人愛媛県看護協会

4.会場

愛媛看護会館 2階第一研修室
〒790-0843 松山市道後町2丁目11-14

5.開催期日

日程:平成30年5月11日(金)~平成30年10月13日(土)
研修時間:9:30~16:30

6.受講人員

60名 ※決定済み

7.修了要件

  1. 出席状況
    各科目時間数の5分の4以上の出席を要する。
  2. 科目レポート
    1科目1課題とし(計7課題)、評価は、A(85~100点)、B(70~84点)C(60~69点)、D(59点以下)の4段階とし、C以上を合格とする。

8.受講に必要な経費

  1. 受講料   95,000円(非会員 134,000円)
  2. 修了判定料 10,000円

9.研修内容

教育課程およびプログラム(講師等の都合により若干変更する場合もあります。)の通り

平成30年度 認定看護管理者教育課程ファーストレベル 教育課程

看護管理概論(15)

ねらい

  1. 看護管理に必要な知識体系を学び、看護管理への活用を理解する。
  2. 看護管理者の役割と活動を理解し、これからの看護管理者のあり方を考察する。

(A:前期開講、B:後期開講)

単元単元の内容授業
形態

担当講師
1)看護管理の概要
  • 看護管理の歴史
  • 看護管理の定義
  • 看護管理過程、機能、PDCAサイクル
講義
演習
6 A:竹田 喜久恵(認定看護管理者)
北条病院 看護部長
B:久保 幸(認定看護管理者)
愛媛大学医学部附属病院
看護部長
2)看護管理に必要な基礎知識
  • 組織の成り立ちと構造
  • システム論
講義 3
3)看護管理者の役割と活動
  • 看護管理者の活動の動向
  • 看護管理者の役割
  • 認定看護管理者の活動と役割・機能
講義 3
4)労働者として学ぶ労務管理の基礎知識
  • 雇用契約
  • 雇用形態
  • 勤務時間
  • 勤務体制
  • 労働時間管理
  • 健康管理(メンタルヘルス含む)
  • 賃金体系
  • ワークライフバランス等
講義 3 A,B:谷本 恵子
南松山病院 副看護部長

看護専門職論(30)

ねらい

  1. 拡大・変化する看護専門職の機能と活動範囲を予測し、看護実践の改善に向け考察する。
  2. 看護職の自律性と責務を理解する。
  3. 看護に関連する法律や制度の変化を捉え、看護管理の視点で変化の意義や適応を理解する。
単元単元の内容授業
形態

担当講師
1)看護専門職の役割と機能
  • 看護専門職の自律性と責務
  • 看護業務の行動指針(看護業務基準、業務遂行基準、職務規定)
  • 看護専門職としてのキャリア発達
  • 看護基礎教育制度と継続教育
  • 看護専門職の動向
  • 専門看護師、認定看護師、特定行為研修修了者の役割・機能
講義
演習
12 A,B:吉田 澄恵
千葉大学大学院看護学研究科
附属看護実践研究指導センター
特任准教授
2)看護実践における倫理
  • 看護者の倫理綱領
  • 対象の権利と人権擁護
  • 看護実践における倫理的問題の把握と意思決定
講義
演習
12 A,B:守屋 昭子(認定看護管理者)
住友別子病院 看護部長
3)看護の社会的責務と法的根拠 看護関連法規
  • 保健師助産師看護師法
  • 看護師等の人材確保に関する法律
  • 医療法をはじめ、保健医療福祉に関する法律
  • 医療保健福祉関連職種に関する法律
講義
演習
6 A,B:関谷 由香里
聖カタリナ大学 教授

ヘルスケアシステム論(15)

  1. ヘルスケアシステムの構造と現状、保健医療福祉制度を理解する。
  2. 保健医療福祉制度の変化が看護管理に与える影響を理解する。
単元単元の内容授業
形態

担当講師
1)我が国におけるヘルスケアシステムの構造
  • 医療保険制度
  • 社会保障制度
講義 3 野村 美千江
愛媛県立医療技術大学 教授
  • 国民医療費と医業に関する費用
  • 診療報酬、看護活動の診療報酬上の評価
  • 介護保険制度、介護報酬、看護活動の介護報酬上の評価
講義 6 A,B:伊藤 千鶴(認定看護管理者)
愛媛労災病院 看護部長
2)保健医療福祉の動向
  • 保健医療福祉の動向
  • 地域医療構想
  • 保健医療福祉のニーズと政策
  • 保健医療福祉関連職種の理解と活動の場
講義 6 A,B:恒吉 和徳
聖カタリナ大学 教授

看護サービス提供論(30)

  1. 看護サービスの基本的概念を理解する。
  2. 看護サービスの対象となる人々の権利を尊重した、看護サービスの提供過程を理解する。
  3. 安全を保障しながらより質の高い看護サービスを提供する方法を理解する。
  4. 看護サービス提供上の問題を理論的に解決する思考を学ぶ。
単元単元の内容授業
形態

担当講師
1)看護サービスの概要
  • サービスとは
  • 看護サービスの概念
  • 看護ケア提供方式
講義
演習
12 A:篠川 照美
愛媛県立子ども療育センター 看護部長
B:田坂 嘉子(認定看護管理者)
西条中央病院 看護部長
2)問題解決
  • 論理的思考
  • 問題解決思考
  • 問題解決過程
講義
演習
6 A,B:山田 悦子(認定看護管理者)
前愛媛県立南宇和病院 看護部長
3)看護サービスの質管理
  • 看護サービスの質評価と改善
  • 看護サービスの安全管理
  • 看護サービスと記録
講義
演習
12 A,B:吉田 昭枝(認定看護管理者)
愛媛県看護連盟 会長

グループマネジメント(30)

  1. 組織集団の基本概念、集団の力動的諸機能を理解する。
  2. 看護チームにおけるリーダーの役割、医療チームにおける看護の役割を理解し、連携・協働のあり方を学ぶ。
  3. 組織目的の達成に向けてメンバーが行動をとれるように諸理論の活用を考察する。
単元単元の内容授業
形態

担当講師
1)グループマネジメントの基礎理論
  • リーダーシップとメンバーシップ
  • 集団の基本概念
  • 集団力学(グループダイナミクス)
  • 人間関係論
  • コミュニケーション
  • アサーティブネス
講義
演習
12 A:崔 英靖
愛媛大学社会共創学部 教授
B:水口 和壽
愛媛大学社会共創学部 教授
2)看護チームのマネジメント
  • 看護業務の割り当て
  • 権利委譲
  • 職場のパワーハラスメント
講義 6 A,B:俊成 信代(認定看護管理者)
愛媛県立中央病院 副看護部長
3)チーム医療と連携
  • チーム医療と看護の専門性
  • チーム医療における看護の役割
講義
演習
6 A,B:大西 文恵
松山赤十字病院地域医療連携室
  • 在宅における看護の役割と実際
  • カンファレンスの運営、ファシリテーション(演習例として、カンファレンスにおける事例紹介、効果的なプレゼンテーションの方法等)
6 A,B:田村 美樹枝
済生会松山訪問看護ステーション
(訪問看護認定看護師)

人材育成論(18)

  1. 人材育成のための基本的な概念を理解する。
  2. 現場(看護単位)における後輩育成や指導方法を理解する。
単元単元の内容授業
形態

担当講師
1)人材育成の基礎知識
  • 成人学習の考え方
  • 新人教育と社会化
  • 役割理論
  • 動機づけ理論
講義 6 A,B:渡邉 八重子(認定看護管理者)
松山赤十字看護専門学校 副学校長
2)人材育成の方法
  • OJT
  • コーチング、ティーチング
  • メンタルサポート
  • 看護単位における研修プログラムの企画と運営
  • 実習支援(演習例として、自部署の研修プログラムの確認と実際の運営への活用)
講義
演習
12 A:中橋 恵子(認定看護管理者)
市立宇和島病院 看護部長
B:松井 美由紀
愛媛県立医療技術大学 講師

看護情報論(15)

  1. 情報の概念と特徴を理解し、倫理的な取り扱いを学ぶ。
  2. 患者ケアに役立ち、看護の質改善に資する情報管理のあり方を学ぶ。
単元単元の内容授業
形態

担当講師
1)医療・看護情報の概要
  • 医療情報とは
  • 医療情報の活用
  • 看護における情報の種類と特徴
  • 看護用語の標準化
講義 3 A:酒井 淳子
愛媛県立中央病院 副看護部長
B:泉 恵美子(認定看護管理者)
松山赤十字病院 看護副部長
2)看護情報の倫理的側面と対応
  • 患者権利と情報開示
  • 情報セキュリティ
  • 看護者の守秘義務対策と実際
  • 個人情報保護への対策と実際
講義 3
3)看護実践に生かす情報のあり方
  • 看護情報の記録
  • 看護の評価・改善のための情報活用
  • 根拠に基づく看護実践のための情報管理
  • 看護管理への活用・電子情報システムの活用
講義
演習
6
  • 情報検索・収集
  • レポートの書き方
講義
演習
3 A,B:青木 光子
愛媛県立医療技術大学 准教授

注)担当講師の所属・職位は平成30年2月現在

平成30年度 認定看護管理者教育課程ファーストレベル A日程プログラム

※10/13は、講義は15:30までとし、16:00から閉講式を行います。

曜日午前(9:30~12:30)午後(13:30~16:30)
5 11 開講式、オリエンテーション 問題解決(山田 悦子)
12 問題解決(山田 悦子) 文献検索(青木 光子)
25 看護管理概論(竹田 喜久恵)
26 看護管理概論(竹田 喜久恵)
6 1 看護実践における倫理(守屋 昭子)
2 看護実践における倫理(守屋 昭子)
16 看護専門職の役割と機能(吉田 澄恵)
17 看護専門職の役割と機能(吉田 澄恵)
29 人材育成の基礎知識(渡邉 八重子)
30 看護の社会的責務と法的根拠(関谷 由香里)
7 6 人材育成の方法(中橋 恵子)
7 人材育成の方法(中橋 恵子)
20 看護サービスの概要(篠川 照美)
21 看護サービスの概要(篠川 照美)
8 3 看護チームのマネジメント(俊成 信代)
4 労務管理の基礎知識(谷本 恵子) ヘルスケアシステムの構造(野村 美千江)
17 グループマネジメントの基礎理論(崔 英靖)
18 グループマネジメントの基礎理論(崔 英靖)
31 我が国におけるヘルスケアシステムの構造(伊藤 千鶴)
9 1 保健医療福祉の動向(恒吉 和徳)
14 チーム医療と連携(大西 文恵)
15 チーム医療と連携(田村 美樹枝)
28 医療・看護情報の概要、看護情報の倫理的側面と対応(酒井 淳子)
29 看護実践に生かす情報のあり方(酒井 淳子)
10 12 看護サービスの質管理(吉田 昭枝)
13 看護サービスの質管理(吉田 昭枝) 閉講式

平成30年度 認定看護管理者教育課程ファーストレベル B日程プログラム

※1/26は講義は15:30までとし、16:00から閉講式を行います。

曜日午前(9:30~12:30)午後(13:30~16:30)
8 24 開講式、オリエンテーション 問題解決(山田 悦子)
25 問題解決(山田 悦子) 文献検索(青木 光子)
9 7 看護管理概論(久保 幸)
8 看護管理概論(久保 幸)
22 看護専門職の役割と機能(吉田 澄恵)
23 看護専門職の役割と機能(吉田 澄恵)
10 5 看護実践における倫理(守屋 昭子)
6 看護実践における倫理(守屋 昭子)
19 人材育成の基礎知識(渡邉 八重子)
20 看護の社会的責務と法的根拠(関谷 由香里)
26 看護サービスの概要(田坂 嘉子)
27 看護サービスの概要(田坂 嘉子)
11 9 看護チームのマネジメント(俊成 信代)
10 労務管理の基礎知識(谷本 恵子) ヘルスケアシステムの構造(野村 美千江)
16 我が国におけるヘルスケアシステムの構造(伊藤 千鶴)
17 保健医療福祉の動向(恒吉 和徳)
30 グループマネジメントの基礎理論(水口 和壽)
12 1 グループマネジメントの基礎理論(水口 和壽)
14 看護サービスの質管理(吉田 昭枝)
15 看護サービスの質管理(吉田 昭枝)
21 人材育成の方法(松井 美由紀)
22 人材育成の方法(松井 美由紀)
1 11 医療・看護情報の概要、看護情報の倫理的側面と対応(泉 恵美子)
12 看護実践に生かす情報のあり方(泉 恵美子)
25 チーム医療と連携(大西 文恵)
26 チーム医療と連携(田村 美樹枝) 閉講式
公益社団法人 愛媛県看護協会公益社団法人 愛媛県看護協会〒790-0843 愛媛県松山市道後町2-11-14 TEL:089-923-1287 FAX:089-926-7825